含み損益の変動がメンタルに及ぼす影響はデカイ

ポジション保有中に何を思うだろうか?

エントリーして含み益が出たら嬉しくなる。
含み益が逆転してマイナスになると意気消沈する。
また含み益となるも、少し減ると利食いするか悩む。

こういったポジション保有中の相場変動に振り回されていないだろうか?

まぁカネがかかっているんだから当然気持ちは揺れ動く。

オレはこのポジション保有中のメンタルをどう管理するかとても大事だと思っている。

もし、トレード手法としてエントリーと利食い・損切りが明確に決まっているとしよう。
それにもかかわらず、エントリーから決済に至るまでの含み損益の推移の流れでメンタルを消耗するのは無駄だ。

気持ちが揺れ動くだけストレスだ。

しかし、それが分かっていたとしても、ポジションの具合を見たい心情は分かる。
だが、いくらポジションを見ても、自分にはそのポジションの運命を決める権利もカネもない事は知っておくべきだ。

つまり、見てもみなくても関係なく相場は動く。
まずはこれを受け入れよう。

そうであるならば、エントリーしてOCO決済を入れて後は放置する選択肢も出てくる。

手法によっては、エントリーもエグジットもその時の相場に合わせて完全に裁量で行うものもある。
別にそれが悪いとは言わないが、ポジション保有中にチャートを監視し続ける行為は、あまり良い結果に結びつかないことも多い。

技術があれば問題ない。
チャートを監視し続けることで様々な選択肢が生まれ、適切に対処できるから。

だが、それができないうちは、エントリー時に利食い目標と損切り地点を決めておくべきだ。
そしてOCOを入れて後は放置。

途中でポジションを勝手に決済しないことを目標に続けてみると良いだろう。