トレードルールを守れないことにストレスを感じる

トレードルールが守れなくて悩んでいる

というトレーダーは多い。
誰もが経験する道だ。

ギャンブラーの家系に生まれ育ったり、
なにも教わらずに優位性を芯から理解して実践できるようなヤツ以外はな。

トレードってのはマウスを動かすだけだ。
だから簡単そうに見える。

トレードルールに従ってトレードするのも、マウスを使う。
上下左右にカーソルを動かす。クリックする。

まぁキーボードで値を入力することもあるが、トレードをすること自体は超簡単だ。

だか、トレードすること自体の簡単さと「トレードで利益をだすこと」や「トレードルールに従うこと」の難易度には何の相関もない。

初心者トレーダーはココを履き違えているといって良い。

トレードすること自体は簡単なもんだから、簡単にルールが守れるもんだと信じている。

だから、思うようにルールが守れない自分自身に対してストレスを感じることになる。

「なんでこんな簡単なルールすら守れないんだ?」

自分自身で不思議に感じた事はないだろうか?
自分を責めすぎていないか?

違うんだよ。オレが教えてやる。
トレードルールを守ってトレードできるのは凄い技術なんだよ。

ほとんどのトレーダーがこの技術を習得する前に辞めていく。
それだけ難しいことだ。

これが分かったら、必要以上にルールを守れない自分を責めずに済むでしょ?
ただし、ルールを守れない自分を甘やかすのもダメだ。

ルールを守れない自分を受け入れ、認める。
じゃ、どうしたらルールが守れるようになるのかを考えて実践する。

コレの繰り返ししかない。