トレード初心者はトータルで利益を出すことを理解できない

少し前に、初心者のトレーダーと話をした。

チャートを出して色々と手法について話をしていると、こんなことを言われた。

「そのやり方だと○○で損切りですよね。」
「あれ、利食いが早すぎるんじゃないですか、あとで伸びてますよ。」
「ここ3連敗ですよ」

・・・・。

イライラするよな、こういうヤツ。
そもそもオレは100%勝てる手法について語っているわけじゃない。

トレードは勝ち負けを繰り返してトータルで勝つゲームだ。
損切りもその中の一つだ。
勝ちと負けは基本的には独立試行だから、連敗が続くこともある。
利食い後に一気に伸びることもある。

それでも検証によってトータルで勝てる優位性を保ち、自分にとってやりやすいようにカスタマイズしたら勝てるわけだ。

だが、初心者に毛の生えたレベルのヤツはこれが理解できていない。

トレードで勝てる=どんな相場でも100%勝てると信じていやがる。
そんなことができるヤツなんていないんだがな。

それでも今回の無意味な会話で一つ学んだことがある。

それは、初心者が損切りできないのは当然だな、ということだ。
思い返せば俺自身もそうだったわけだが、利食いと損切りを繰り返して利益を出すということをアタマでは理解していたとしても、それを実行出来ないわけだ。

それまで積み重ねた利益が削られるのは辛い。
時にはそれ以上持って行かれることもある。だが、それもトレードだ。

この辛さに耐えかねて、損切りを見送って自分自身を谷底に突き落とすトレーダーは山ほどいる。いや、これを経験しないトレーダーはいないだろう。

損切りを確実に実行出来るようになるには、まずは考え方を変えることだな。

損切りの重要性を理解できていたとしても、それが実行できないのは、考えが甘いからだ。トレードに夢を見すぎているからだ。

ハッキリ言っておく。
勝ち組にとっても、負け組にとっても、トレードは辛いモノだぞ。