トレード手法はシンプルが一番?

よく「トレード手法はシンプルが一番」と言われる。

確かに裁量トレーダーのチャートを見ると、
移動平均線やボリバンのみだったする事が多いな。

これは何故だろうか?

それは、余計な情報が入ってくるのを避けるためだ。

複数のインジをいれてチャートを派手にすると、
見栄えは良いが、それぞれの動きに翻弄されてしまう。

ロングしようと思っても、複数のオシレーターのうち一つが下を向いていたら
「うーん、どうしようか?」と悩み、チャンスを見逃す。

そして、チャートがシンプルなトレーダーは、

情報量が多いから勝てるわけではない

ということを経験的に知っている。
だから必要な情報だけに絞ってトレードするわけだ。

この話を読んで、「じゃあ自分もシンプルにしよう!」
と思ってやってみても勝てるわけ無いから気をつけてくれ。

シンプルなチャートで勝っているトレーダーは、
シンプルなチャートの中から自分にとって必要な情報を読み取ることに長けている。

言ってみれば、基準を持っている。

例えばボリバンとローソク足のチャートをイメージして欲しい

シンプルなチャートだが見るポイントは沢山ある。

  • ローソク足の流れ、プライスアクション
  • バンドの幅、広がり方
  • ミドルバンドの角度、向き
  • ローソク足とバンドの位置関係・距離
  • バンドの形

どうだろう?
これだけ見るポイントがあるわけだから、人によってはコレで十分となるわけだ。

もちろん人によって重要視するところは違うだろう。
だが、勝てるトレーダは、どのポイントを見ておくべきなのかの基準は決まっている。

一見シンプルに見えても、実は複雑に解釈してあったりするのだ。