損切りした後にレートが戻ってきたら・・・

損切りした後にレートが戻ってきたら・・・

損切りした後に、レートがエントリーポイントまで戻ってくる・・・。

良くある話だ。
為替相場ってのは株式と違ってレンジ性が高いから、
非常に高確率で再び同じレートにつけてくる。

「なら、損切りを入れなければ良い!」

そう考えて損切りを入れずに放置しているとマージンコールorz。
トレード初心者が必ずと言っていいほど受ける洗礼だ。

心情として、損切り後にレートが戻ってきたときの悔しさは分かる。
だが、相場は自分の力では動かせない。
他のトレーダー達の売買のみでしか動かないのだから、
自分の都合に合わせてくれることなんて一切ない。

これを本当に理解したならば、損切った後にレートが戻ってきても
「仕方がないか、次のエントリーチャンスを待とう!」で終わるはず。

逆のことも考えてみよう。
ロングエントリーして、爆益で利食いした。
その後、一気に下げてエントリーポイントまでレートは戻ってきた。

このときは「良いところで利食いできたなぁ・・・」と思う程度でしょ?

人は自分に取って都合が良い時のことはあまり印象に残らないが、
逆に良くないときのことは記憶に残りやすい。

だから、損切り後にレートが戻ってくると
「またかよ!」と思ってしまうわけ。

手仕舞った後の動きをどう嘆いても仕方がない。
だってポジションを持っていないんだから。

ポジションを持っていないのにも関わらず、チャートを見てイライラするのは不健全。
冷静になって考えると、きっとよく分かるはず。