FX情報商材の闇

FX情報商材の闇

前回の記事でFX情報商材について書いたが、
今回はその続きを書こうと思う。

情報商材の販売ページ(セールスレター)を見ると、
販売者の過去の取引の実績が掲載されているものがある。

実際に見てみると、かなり凄い結果だったりする。

こんなものを見せられると、トレードで上手くいかない人たちが
コロッとやられてしまうのも仕方がないだろう。

で、商材を購入しても全然同じ結果にならないわけだがwww。

実は情報商材に掲載されている取引履歴というのは
画像修正していたり、様々なテクニックを用いているものもある。

または他人の取引データをもらって、それを掲載している可能性もある。

つまりは、だ。
しっかりと取引結果を掲載していたとしても、
販売者は全然勝てていなかったりするのだ。

有名なやり方を紹介しよう。

■両建て

デモトレードで同時に買いと売りのポジションを持つ。
利が出てきた方を利食う。

含み損の方は放置して、また両建てをして適当に利食いをする。
こうすれば勝率100%の取引履歴がつくれる。

こんなことがまかり通る世界だから、
他人の取引履歴なんて参考にしない方が良い。

たとえ本当の取引履歴であったとしても、
調子の良かった期間や運良く勝てていた期間だけを
抜き出して掲載している可能性もあるから・・・。

情報商材販売で有名な某社の会長は、脱税で捕まった。
情報商材を売って得た利益を脱税していたのだ。

FXをやるより、しょーもない商材を作って、
誇大な表現で煽りまくって情報弱者に売りつける方が
儲かるのかもしれない。