トレードと資産運用の違い

トレードと資産運用の違い

最近、「資産運用を考えている」ということで、
人から相談されることが多くなった。

資産運用ってのは、不動産投資、株式投資、債券投資、投資信託などの
いわゆる投資ってやつだ。

その中にFXも組み入れたい、と考えるのも必然なのかも知れない。

まぁこういった資産運用者は「トレーダー」とは似て非なるもの
だと個人的には思っている。

なぜなら、資産運用はあくまでも資産を守りながら
少しずつ増やしていくことを目的にしているのに対して、
トレーダーは短期間で利益を上げることを目的にする。
そこそこのリスクを取りながら・・・。

だから、正直なところ、トレーダーの俺に資産運用の相談をされても
的確なアドバイスは出来ない。

俺が分かるのは、チャートから読み取れる売り時と買い時だけだ。
今後の明確な見通しなんて分かるはずも無い。

だが、俺がそんな資産運用初心者にアドバイス出来ることがある。

それは

ラップ口座を使うな
銀行や証券会社の言いなりになるな

この二つだけは自信を持って言える。
銀行や証券会社は、手数料を取るビジネスだ。
だから、顧客には出来るだけ取引させたい。

ヤツらの目的が見えると、顧客が利益を出そうが損しようが関係ない事がわかる。

銀行や証券会社は敵だとは断言しないが、すくなくとも味方でもない。