トレード手法は一つだけで大丈夫?

勝てるトレード手法を1つ持っておけば十分だ。

という言葉をよく目にする。
非常に説得力があるし、一つの事実だろう。
そう、副業的にやっている兼業トレーダーなら・・・。

「勝てるトレード手法は一つで良い」という考え方は、
専業トレーダーには通用しないとオレは思っている。

専業トレーダーは相場と向き合う時間が多い。
だからそれだけ多くのトレード手法をひらめくはずだし、
トレーディングを事業として営む以上、複数の戦略を持つのは当然じゃないだろうか?

オレはそう考えて、複数の仕掛け方で日々相場に挑んでいる。
今の相場は○○だから、△△の手法で仕掛けるのが良いな・・・って感じで。

この考えの根底には、「どんな相場でも勝てる手法は無い」という信念がある。

相場には上げ相場、レンジ、下げ相場がある。
上げ相場を一つとっても、
打ち上げ花火のように一気に上げる相場、
グイングインと上げ下げをしながらも高値を切り上げる相場、
ダララと地味ぃに挙げ続ける相場、
などが混在しており、一つの手法でそれら全てをカバーできるほど
市場の動きはシンプルでは無いのだ。

だから、出来る事なら相場の動きに合わせたトレード手法でトレードしたい。
とオレは考える。

もちろん、相場の動きを完全に読み取ることは不可能だし、
読めた!と思っても、すぐに違うフェーズに移行することだってある。

だが、現在の相場はどんなものかを読み取る力と、
その相場に合った手法を持つこと、それを適切に選択できる力は、
専業トレーダーにとっては必要な技能だと思う。

言っておくが、勝てないうちから複数の手法を持つ必要はない。
勝てないのであれば、まずは自分が使いこなせて勝てる手法を一つ見つける事だ。

一つの手法で勝ち続けることが出来ると、トレードの視野が広がる。
その時に、他の手法を取り入れるかどうかを考えるべきだろう。