エントリー前の戸惑いをなくすために

オレは今、知り合いにトレードを教えている。

なかなか筋がよくて、相場分析も的を得ていて、
「コイツ、ひょっとするとオレより上手くなるんじゃないか?」
なんて密かに思っている。

この間、そいつからこんな相談を受けた。
「これからエントリーしよう!と思った時に躊躇してしまうんです・・・」

相場の分析もしっかりとやった。
エントリーが出来る状態までしっかりと待って、
いざチャンスが来たときにオロオロと尻込みする。

こんな経験はオレにもある。
では、なぜ待ちに待ったチャンスが来たのに躊躇してしまうのだろうか?

それは「確実」を求めているからだ。
待ちに待ったチャンスだからこそ確実に勝ちたい!
そう思う心理が、エントリーを留まらせる。

そして「本当に勝てるかどうか、もうちょっとエントリーを待ってみようか」
なんて考えて、本当に相場が進むと、さらに躊躇してエントリー出来ず、
進み続ける相場を見て「あぁ、入っておけばよかった・・・」と落ち込む。

確実を求める心理が、トレードの邪魔をするわけだ。
ではなぜ確実を求めるのか?

その理由は、過去のトラウマにある。
人間、嬉しい思い出よりも辛い思いでの方が心に残る。

だから、エントリーするときに過去に負けた思い出が蘇り、
「負けたくない、絶対に勝ちたい!」と思う心理が生まれて、
不確実性のあるトレードを避ける結果になるのだ。

そして、確実にそのエントリーが勝ちだったか負けだったかを見て、一喜一憂する。
トレーダーじゃないよね、こんなもの。

俺たちトレーダーは不確実性を相手に戦っている。
確実がない世界で、リスクを取っているからこそ、利益が出せている。

矛盾しているようにも聞こえるが、「確実」なものは何もない。
そんなものを求めているようじゃ、トレーダーとしてはダメだ。