トレードルールは少なくとも自分流にアレンジすべき

他人のトレード手法は気になるものだ。

毎日のトレード結果を記事にしているブログなんかを読むと、どんな考えでトレードしているのか知りたくなるのは当然だな。

だが、オレはトレード手法は自分で作る方が良いと思っている。
トレード手法についてはネットや情報商材で手に入るが、それらはあくまでも自分のトレード手法を組み立てるためのヒントに過ぎない・・・ということだ。

直接トレードを教えられる関係性の人間だったらまだ良いんだけど、ネット上のやりとりだけでトレード手法を教えるのは難しい。

そもそも、他人の手法をハイと渡されて、すぐにそのまま実行出来るヤツなんていないし。

トレードルールを作るためには、トレード手法に関するアイディアと検証が必要だ。
本当に勝てるようになるトレーダーは、自分が学んだ手法や考え方をベースにして検証し、多少ながらもアレンジを加える。

勝ちやすいポイント、負けやすいポイント、時間帯等を考慮してな。
そういった検証の過程で、また新たなアイディアも出てくるから、それもまた一つの手法として確立することだってある。

こんな感じでトレード手法ってのは出来てくる。
検証と実践を繰り返す中で、徐々に角が取れてきて、自分に取ってやりやすいトレード手法が組み上がってくるわけだな。

イメージとしては荒削りの手法をヤスリで磨いてツルツルにする感じかな。

色々とトレード手法の知識が付いてきたら、自分で細かく組み立ててやっていく方法もあるけど、初心者はとりあえず手法を磨く事から始めるといいんじゃないかと思う。