トレードの見直しの時を考えてトレードする

トレードが終わったら取引の見直しをする。
デイトレやスキャルの場合なら、その日のトレードが終わったら、最後の作業として見直しをする。そして自分の取引がルールに基づいたものだったかを確認する。

勝てるトレーダーなら当たり前のような行為だ。

そして見直しをしていると、
「なんでこんなところでこんな取引をしたんだ!?」
と思うこともあるだろう。

本当に自分がやったのかと思うくらいに支離滅裂なトレードを・・・。
その理由は、

  • 儲けるぞ!
  • 稼ぐぞ!
  • 負けを取り返すぞ!
  • 今週はあと○○pips取らないといけないんだ

と考えてトレードしているからだ。
余計な欲が邪魔をしているわけだ。

トレード中に、「これからポジションを取るぞ!」という時のことを思い出してみよう。

「ここで買わないと乗り遅れてしまう!」
「ここで買えば何pips抜けるかもしれない!」

なんて考えていないだろうか?

この考え方を少しだけ変えてみよう。
「ここでポジションを持ったら、今日の見直しの時に、反省することにならないだろうか?」と。

取引中は、常に見直しのときのことを意識する。

「ココでエントリーしたら見直しの時に公開するだろうなぁ」

こう思いながらトレードするだけで、取引の瞬間にマーケットとは関係ない欲望や不要な主観を捨てられる。

大きく変わるかはそいつ次第だが、それだけで収支は改善へ向かう場合が圧倒的に多い。