典型的な勝ち組になれないトレーダー

オレはちょいと前からトレードを人に教えたりしている。

おかげでトレーダーの知り合いが増えて、色々な情報交換ができて、勉強になることも多い。
だが、良いことばかりではない。

コレは俺の感覚なんだが、新しく知り合いになる人の約6割は嫌なヤツ。
残りの2割はどうでも良いヤツ。
そして最後の2割が好意を持てるヤツだ。

今回は、6割の嫌なヤツの中でも最上級に嫌なヤツの話でもしよう。

クズトレーダーのエピソード

そいつはトレーダー仲間の知り合いの紹介で知り合った。

最初は物静かなヤツだったが、途中で大きな含み損ポジを持っていることを告白してきた。

トレードの調子が良かったから、ロットを上げたら含み損になって、切るに切れずに、ナンピンとマーチン。
お金が足りないから他の口座からお金をかき集めて、それでも足りないからお金を借りて・・・。

典型的なダメなトレードだ。
そしてそいつから「どうしたらいいですか?」という質問を受けた。

オレは「最悪の事を想定して考えるのなら、今切るしかないだろう。」と答えた。
客観的かつ無難な回答だ。

そいつもそのことを理解していたのだろう。
「損切ります」と言って納得していた。

問題はその後だった。
そいつから直接連絡が来た。

「あの後損切りをしたら、レートは戻っていったじゃないですか!
損切りしていなければ、プラスになってたのに!」

オレは唖然とした。
意見を求められて答えた。オレがやったのはそれだけだ。

オレの意見を聞いてどう動こうが、そいつの勝手だ。
なのに、何故かオレが非難される・・・

実際、こういうことは初めてではない。
トレードは自己責任で、自分で考えるものだと知らないバカを相手にすると、こっちが疲れる。
そんなヤツとは関わるだけ時間の無駄だ。

こういったヤツは考え方を変えない限り、相場の養分でいつづける。