読者の方より頂いた、トレードの本質を突くコメント

ハッキリ言ってこのブログはアクセス数が少ない。

更新頻度はオレの気分次第だし、「簡単に勝てるトレード手法ですよ!」といった聞こえの良い事は書いていないからだろう。

アクセスの多いブログにしたいのは正直なところだが、トレードの本質を語るとアクセスは増えないというジレンマに陥っている・・・。

だが、それでもタマにコメントをくれる人がいる。
ありがたいものだ。

今回はつい先日、この記事に関して頂いたコメントを紹介したい。

どうも初めまして私も賃料収入を得ながら、メインはFX で生計を立てておる者です。

>だが、改めてトレード中の事を思い返すと「辛い」思いばかりだった。
この文章以下から最後まで唸るくらい共感しましたので、コメントさせて頂きました。

私の先月のトレードは勝率27%、PF 4.5
月収は7桁。
昼から初めて60pisは20時まで動くのが常ですが、80~100pips動くまで夜中までかかるのもざら、60動いても50くらい帰ってきて、ああだめかあとその度に神経をすり減らしながらもルールで新規で玉増ししなければいけない…泣きたくなるような職業ですよね…
しかしこんな儲かる職業もない気がします。
ちなみにロスカットの天才とは私の事です。取引履歴が最初殆ど全部真っ赤になりますから笑

文章を読ませていただいて元気が出ました。
お互い神経をすり減らし頑張りましょう。

失礼いたしました。

月収7桁のトレーダーさんのコメントだ。
このコメントを読んで、同意できる人はトレードの本質が分かっている人だと思う。

トレーディングは確かにマウスをポチポチするだけだ。
だが、お金がかかっている分、精神的に辛い。

毎回勝てると分かってエントリー出来れば良いのだが、そんなことは無理。
特に勝率低めの手法でトレードするのであれば、毎回カネを捨てる気分でトレードしなくてはいけない。

これがどれだけ辛くて嫌なことか・・・。

だが、これを続けていくと負けてばっかりなのに資金が増えているという不思議な状態になる。
負けてばっかりなので辛いのだが、儲かるのだ。

オレもいつもこんな感覚でトレードをしている。
コメントをくれた方もきっとそうだろう。

いや、トレードで利益を出している人の多くがこんな感じでトレードを続けているはずだ。
これがトレードの事実。

高勝率で高いリスクリワードレシオの手法を求めてばかりでは意味が無い。
勝率が低くてもその手法とルールにしがみつけるテクニックやメンタルがあれば、稼げる。