相場の天と底を当てる凄技テクニック?

情報商材のセールスレターなんかを見ると、時に「相場の天と底を当てられます!」なんて書いてあるヤツがある。

オレはその文言を見るだけで「超初心者向けのクソだな」と確信する。

理由は当然、相場の天と底を当てるなんて無理だし、別に当てられなくても勝てるからだ。

過去のチャートを見ると、相場ってのは波を打って動いているのが分かる。
だから、「ここでロング、そしてドテンしてショート」なんていう模擬売買を誰でもやってみたことはあるだろうけど、それらをピタリと的中させることは無理だ。

まぁ不思議なことに、大きな含み損を抱えて、耐えて耐えて断腸の思いでそのポジションを損切ったところから急反転する経験は多けどなwww。オレがピタリと当てた経験はコレくらいのものだ。

もし、天と底をピタリと当てようとするのであれば、ダマシに合うことを覚悟に何度も何度もエントリーしては損切って・・・を繰り返さないといけない。

普通であれば心が折れるくらいの事をやらないと天底当てられない訳だ。

だから天底当てる必要はない。
相場の動きを見て、勢いが出た時にその方向に賭けてやれば良い。

トレンドが出てきたときに「そろそろ反転するだろう」と勝手に決めつけて逆張りするトレーダーもいるが、それはあまりにも無謀だ。

「そろそろ反転するだろう」という考えはあくまでもトレーダーの主観に過ぎない。
自分の感性を大切にする、と言うのは聞こえは良いが、それはトレーダーの仕事じゃない。

トレーダーはあくまでも統計的な優位性に基づいてトレードを繰り返すのが仕事だ。
だから別に天も底も当てられなくて良い。

当てられるから凄いトレーダーじゃない。
良いときも悪いときも一貫して同じ仕掛けが出来るからこそ凄いトレーダーになれるのだ。