エントリーする際に必要な判断

エントリーする時に考えておく事がある。

それは、エントリーすべき場所と、そこで入った場合、
どこに損切りを入れて、どこで利食うかだ。

エントリーすべき場所とは自分の手法にとって、
最も勝ちやすいポイントになる。

トレンドフォローならトレンド相場だろうし、
逆張りならばレンジ相場が好ましい。

そして本当に勝ちたいのなら、もう一歩進んで、
マルチタイムで大まかな流れを知りながらエントリーポイントを
しっかりと把握していきたいモノだ。

そして問題はエグジット。
良さそうなポイントだから「ハイ!エントリー」ではダメ。

ドコに損切りをおくか、ドコで利食いをするかを見て、
本当にエントリーしていいのかどうか、
リスクを取ってエントリーしても割に合うのかどうかを考えよう。

例えば、なかなかいいエントリーポイントがあったとする。
そのエントリーでは、損切りが-10pips、しかし上にレジスタンスがあるために
利食いは4pipsになりそうだ。

これは美味しいトレードになるだろうか?

そんなことを考えながらトレードすると、チャートを見る力もつくし、
割に合うトレードが出来るようになる。